2010年05月22日(土)

アフター点検と我が家のこどもの日

2年点検にお伺いしたI・Y様宅。施主様が色々造って楽しいお家になっています
CIMG15000.jpg
門柱も施主様作表面の仕上げ材は、なんとしっくい 何か懐かしい仕上がりです
CIMG1499.jpg
お風呂場から見える外の風景もきれいにされています
CIMG1501.jpg
新築時に施主様が珪藻土で書かれた、竜も健在でした
CIMG1502.jpg
階段室にあるロッククライミングの壁は、お子さまたちや友達の格好の遊び場になっているそうです。(自分はとても上れそうもありません)
点検の方は、特に問題もなく完了しました。
「楽しく快適に住んでいます」との一言に安心しました
CIMG1452.jpg
そしておまけ的ですが、我が家の大黒には、こどもの日と誕生日に毎年身長を記しています。やっと弟の方がお兄ちゃんの記した傷に追いついたので、これから見比べるのが楽しみです。(弟の方が背が高い!!)
CIMG1453.jpg
2人のワンパクのため、家も子供たちと同じで傷だらけですw
でも化学製品ではない、幅木、床、壁などのため 、みすぼらしくならず、
とても快適に過ごしています。 傷などが気にしなくていい昔の民家のような
無垢の家おすすめです。
(YOSHI)

2010年05月03日(月)

かわいい現場見学会

いつもと違って、御施主様の息子さんが通っていた今はなき、幼稚園の作品を飾っての見学会となりました。今回は、建物を見に来る方以外にもたくさんの来場が有りました。
O様ありがとうございました。
CIMG1248.jpg
CIMG1246.jpg
木で写真展示用の枠を造りました。
傷等を気にしながらの作業でしたが、お施主様のご厚意で「傷や汚れてもいいから、幼稚園時代のお子さん、親御さんにたくさん見てもらいたいんです」の一言にすごく、大切な思いでの作品展なんだと思いました。
CIMG1244.jpg
当時使っていたオルガンも展示。たくさんの人が昔を懐かしんでいました。
CIMG1251.jpg
CIMG1301.jpg
当時の様子をスライドで白い壁に当てて映しました
CIMG1254.jpg    CIMG1257.jpg
もちろん通常の展示もしました↓
CIMG1303.jpg
車がとめれないほどの盛況でした。
みなさんご来場ありがとうございます。
またこの様な見学会が出来ればうれしく思います。
O様ありがとうございました。また今後とも宜しくお願いします。
(YOSHI)

2010年04月28日(水)

「へ~」の知恵袋

前回の写真を覚えていますか?
IMG_3376.jpg
こんなものの写真でした!よ~く見るとなんだか数字が書いてあります。
左には水平などと書いてあります・・・と言う事は水平器!!っと思うのですが、
水平器は水平器でも水道屋さんが排水などの勾配を正確に施工できるように
あらかじめ勾配が付くように細工がしてある道具です。
IMG_4006.jpg
写真の様に使用し勾配を確認します。矢印の方向に100分のいくつの勾配になっている
などの確認が出来ます。うまく出来た道具です。
IMG_4007.jpg
さて、今回の道具は上の写真の手鏡のようなものです。さ~~みんなで考えよう!! (^岩^)

2010年04月24日(土)

加賀妻の配筋工事

建物を建てる上で重要な工事になるその一つが基礎です
その中でも、配筋は大切な部分です
CIMG1153.jpg
木造において、鉄筋は土に面する部分は6㎝以上、空気中に接する部分は4㎝以上と決まっていますが、実際にそのように施工されている現場が多くありません。
配筋時には、ちゃんと取れているか確認することも大事です
CIMG1154.jpg
ベース部分、立ち上がり部分も図面通りのピッチになっているか確認が必要です
CIMG1159.jpg
出隅部分は横の動きに対して、弱い部分です。そのため出隅には斜めに配筋を施し、
強化を図っています
CIMG1158%EF%BC%8D%EF%BC%91.jpg
また、出隅の鉄筋はあえて内側に施工することにより、横の動きに対し、爆裂・破壊が起きにくいようにしています
CIMG1156.jpg
通常木造の場合、異形鉄筋を使う場合フックはいらないのですがあえて加賀妻では施工しています。これにより縦の動きに対しての爆裂・破壊が起きにくいようにしています
鉄筋は空気中に触れていると、どんどんさびて劣化していきますが、コンクリートと密着すると止まります(難しい話になるので割愛しますが、鉄筋とコンクリートのいいとこどりで、頑丈な基礎になります、昔は密着を良くするためにアンカーをわざとさびさせていたこともあるので、配筋時の錆は気にしなくて良いレベルです。)
上下・左右にも動きにでも過剰かもしれませんが、あえて一手間くわえている加賀妻の配筋です。 
是非見ていただければ、頑丈な基礎であるのを分かっていただけるとおもいます。

2010年04月10日(土)

柱のはなし

加賀妻マニアの方ならご存じ!! 構造材は和歌山の山長商店さんから、仕入れています。これは十数年変わりません。
最近では集成材の方が強いと言われていますが、山長さんの材料も決して負けていません
強さの指針値でも全国の基準値を上回る結果が出ています。
CIMG0928.jpg
写真は横になっていますが、杉柱の写真です。大壁になる柱には1本1本この刻印がされています。 E90と書かれているのが、ヤング係数とよばれ、木の粘り強さを表す数値です。E90の強度になると、柱に使っていいと言われる強度を遙かにしのぐ材であることが分かります。
SD20とは、乾燥率を刻印しています。
CIMG0929.jpg
また無垢の柱では、国内ではじめてJASの規格が取れたのも山長商店さんです。
JASではそれ以上の強度があっても規格登録しているので、E90と刻印されていますが
実際計るとE100~110位杉で出る物があります。
CIMG0930.jpg
それ以外にも柱の1本1本には、製造番号が付いていて、何時取れた木で何時加工した物かも分かるようになっていて、品質管理も十分されている安心の材料です。
CIMG0931.jpg
ぜひ完成見学会だけではなく、構造見学会にも参加して頂き、木の良さを見に来てください
(YOSHI)

2010年04月06日(火)

F邸のOM見学会!

IMG_3992.jpg
ついに今週末にF邸の完成見学会を開催します。
前回の屋根の上に・・・はバルコニーでした!!
今回も木材でバルコニーを造り、外観のアクセントになっているように思います。
IMG_4033.jpg
バルコニーからの眺めも最高です!!
ぜひ今週末、10日・11日の見学会にご参加ください。F邸に関わった職人の
技を見に来てください。 (^岩^)

2010年04月01日(木)

山登り

今担当している現場近辺で、有りがたい事に通りがかりのある方がリフォームのお問い合わせをして頂きました!!さっそくお家の方に現調に向かうため徒歩で後を付いて行ったところなんと山に入って行ったではないですか(^_^;)
imagemizutuki4%E3%81%AE%E7%A7%BB%E5%8B%95.jpg
道という道は無く本当の山道を歩いたのですが、気付いたら頂上に差し掛かかっていました
私よりご年配の方なのに歩くペースが速く付いて行くのがやっとでした(^_^;)
ほぼ毎日のお散歩に山を越え海に出るそうなんです…どうやら私が出会った場所はお散歩の終点近くだったみたいです。
なかなか触れ合えない自然に直に触れる事が出来て凄く気持ち良くリフレッシュすることが出来ました☆
またこういった自然を守っていきたいですね☆
imagemizutuki5%E3%81%AE%E7%A7%BB%E5%8B%95.jpg
imagemizutuki6%E3%81%AE%E7%A7%BB%E5%8B%95.jpg
imagemizutuki7%E3%81%AE%E7%A7%BB%E5%8B%95.jpg
雄介

2010年03月30日(火)

富士山に・・・雪!

IMG_3951.jpg
この風景憶えていらっしゃるでしょうか?!
だいぶ前にも同じような写真を載せました、確か2月1日??かな~。
その写真ともう4月にもなるこの時期の写真の富士山の雪が同じ、いや
今回の方が多いいのではと思うくらいの雪化粧です。
やはり地球が怒っているのでしょうか?温暖化かと思うとこんなこともあり・・・。
やはり小さな事からこつこつと地球の事を考え、私達の子・孫の世界の事も考え
日々暮らしていかないとな~って・・・。と言うことで、この景色を見ながら現場に
向かうことができる、F邸の完成見学会があります。F邸はOMソーラーの家です。
ぜひ小さな事からこつこつと・・・と思われる方は必見です。
IMG_3701.jpg
見学会の頃には屋根にあるものが・・?!乗っかっています。
IMG_3953.jpg
自然素材をふんだんに使用した、OMソーラーの家です。
ぜひお越しください。詳しくは加賀妻工務店のホームページを御覧ください。 (^岩^)

2010年03月27日(土)

工程

現場を確認して、次にどの業者を入れるか考え手配するのも監督の仕事です。
大工さんが仕事している期間はまだいいのですが、監督が忙しくなるのは上棟前、そして木完直前からです。特に大工さんが終わってからは、たくさんの業者が入ってきます。そこで短期工程表を作製して、現場の交通整理をします。これがまた難しいのです。
作業的にお互いの業者が邪魔にならないように工程を組むのですが、他の現場と重なったり、職人さんが病気になったり、雨で予定変更等々・・・・なかなか思うように行きません
そのたびに工程を組み直し、また各業者に連絡この繰り返しで現場を完成に導いて行きます
CIMG0714.jpg
↑これが工程表です。 1件ならまだしも、同じような工程が何件かあるとちょっとしたパニックになります。
CIMG0711.jpg
何件かを照らし合わせ、他の監督の現場とだぶっていないかなど確認して進めます
CIMG0713.jpg
月一回の工程会議とは別に、最近は各協力業社サンにわかりやすい、予定表を作製しなるべくスムーズに現場が行くように改善しています。
(YOSHI)

2010年03月24日(水)

「へ~」の知恵袋

IMG_315.jpg
前回の知恵袋での最後の問いかけですが・・・。
この器械は実は基礎屋さんが使用する鉄筋を曲げる道具です。
鉄筋を器械の丸と丸の間に入れ、上の丸がニョロットした溝に沿って
下に下がり、鉄筋が曲がる原理になっています。
良く考えられている道具です。その曲げる角度も調節できるからまたびっくり!!です。
IMG_3374.jpg
さて、今回はちょっと泥で汚れて分かりずらいかもしれませんが・・・。
これは水道屋さんが使用する道具です。
IMG_3375.jpg
アップにしてみました。分かっちゃいましたか?!水平器のようで水平器でない??
今回もさ~みんなで考えよ~~!! (^岩^)