facebook instagram
設計の思想

設計とは


大きなことでは
大地・住まい手・大工・職人を結びつけるもの。
小さなことでは
「設計の手仕事」と「大工の手仕事」の集積。
大きなことから小さなことにつなげていくこと。


住まい手の考え、設計と大工の考え、それぞれを結びつけながら、
職人の手仕事のぬくもり、材料や珪藻土の自然を感じられるような住まいをつくりたいと考えています。

家づくりには様々な選択肢があります。素材選びからプラン、設計の打合せ、現場まで・・・と出来上がる工程も長く、お客様にはとても大変なことです。我々設計は、プランから始まり、設計はもちろん、色のコーディネートや外構工事にまで携わっています。お打合せも含め、お住まい後も、出来るだけストレスのない生活ができるように進めて参ります。

設計図では、内外部空間をイメージし、建物を低く抑える。
軒の出を深く、窓の配置を整える。
建具の高さを揃える。
天井を低くする。
構造材、無垢の床、枠の「木質感」と「白い壁」のバランスを整える。


等々、様々なことに気を遣いながら設計を進めます。その結果「美しい、心地よい」と思われるような空間を生み出せるように、最大限、力を発揮しています。


お打合せでは、パッシブデザイン、回遊導線、大開口、視線の抜け等々の設計のキーワードを使いながら、イメージをできるだけご理解いただけるように、スケッチや模型、図面に書き出してお伝えします。これまで培われてきた経験を基にしながら「最適解」を導き、ご提案、共有できるように日々努力しています。

現場では、設計の確認を行いながらも、図面に表現できなかった細かな納まりを、大工や職人と話し合いながら決定していきます。実際に空間を体感しますと気付きがあります。頭を動かすことはもちろんですが、体で感じることも大切です。現場での気付きから、さらに良くなるように変更をお願いすることもあります。




現在、多様化する家のスタイル、様々な住まいが、暮らしの考え方があります。十人十色の考え方がある中で、お客様の家づくりは本当に悩みの連続になると思います。マンション、アパート、建売住宅、ハウスメーカーの住まいもあります。人は住み方を変えながら(合わせながら)住宅の器の中で暮らしていくこともできます。しかし、綿密な設計と、お客様にもご納得いただいた「自然素材の住まい」は、住み始めた時から生活や身体にフィットします。さらには、経年変化を経て、段々と身体に馴染んでいきます。自然素材の変化を楽しんでください。木造の家は、生活スタイルの変化にもやさしく対応できます。



  • 設計力があり、それらを実現できる施工力がある。
  • 安心できる材料・性能を備えている。
  • 信頼できる大工・職人がいる。

これらを備えた「本物の工務店」にはなかなか巡り会えません。湘南地域で加賀妻工務店ブランドを強くイメージしていただける工務店になりたい。設計力・施工力を備えた工務店を「アーキテクトビルダー」と呼びます。「湘南一のアーキテクトビルダー」を目指していきたいと思います。まだまだ道半ばですが、日々切磋琢磨しながら前進していきたいと考えています。






「設計」と「家づくり工務店の手と間」


コストだけで勝負するのではない住宅を、
それを望む人のためにつくり続けたい。
若手が頑張る姿を多くの人に見て頂きたい。
ものづくりを通じて人の温かさ、優しさに触れて頂きたい。


加賀妻工務店は設計も自社の社員で行います。大工も下請けに依存しません。「本当に責任を取れる家づくりをしよう」と考えれば、設計も大工仕事も加賀妻の中で行うことだと思います。家づくりのすべての工程に「手」をかけます。工務店の「手」というと大工などの職人の「手」をイメージするかもしれませんが、それだけでは現代に価値のある住まいを提供することはできません。設計段階からじっくりと手をかけ、住まい手の要望をきちんと聞き、必要な性能を担保し、それをまず図面という形にする。職人はその図面に表現されたものの本質を理解し、それを形にしていくためにしっかりと「手」をかけることが求められるわけです。設計における「手」と、施工における「手」の両方が揃ったとき、はじめて住まいに求められる「間」がつくり出されることになるのです。当社で建てた家は、当社が責任を持って家守りをさせていただくことも大事なことと考えます。







「設計」と「家づくり工務店の品と質」


品格があり、質の高い住まいを提供すること。これが基本です。では、この「質」とは何でしょう?
まずは住まいの部材における「質」があります。それはもちろん表面的なものではなく、それぞれの部材において本質的に求められる「質」を指します。特に木造住宅においては、「木の質」によって住まい全体の「質」が決まってきます。

次に大切な「質」とは、住宅の性能です。その中でも「構造」「空気質環境」「温熱環境」という3つの性能は、住まいの本質を決める重要な性能になります。こうした「質」を十分に備えた住まいは、自ら「品質・品格」を持つと考えます。そのために、丁寧に材料を吟味し、住まいの性能について科学的な視点を持って取り組み、設計段階のチェックから、工事中のチェックに至るまで、23十の品質管理体制で臨んでいきます。



pagetop