2018年10月30日(火)

気密測定を行いました

今月頭、
大磯のT邸にて気密測定を行いました。
計算上は建物性能について、色々な数値が出せますが、

加賀妻の住まいが、実際にはどれ位の性能があるのかと確かめるべく、

昨年は床倍率実験を行い、今年は気密測定を行いました。

結果、加賀妻の気密層は、
・屋根はセルローズ上の透湿防水シート 
・外壁は、加賀妻工務店仕様の、透湿防水シート
・床は、セルローズ断熱下の透湿防水シート
を使用し、外壁に構造用合板などの面材を一切せずに、
C値0.9を達成しました。

これは、気密層として構成される透湿防水シートのジョイントを
セルローズを吹き込む際に、吹き漏れないように、
しっかりとテープ処理をしてから、吹き込んでいる為、
気密性が高まったと考えられます。

最近では、2×4工法だけでなく、在来工法でも、
ネダレス工法や外部を構造用面材で囲っている構法が主流です。
構造用合板のおかげで、C値が2.0を切る事例が増えていますが、
気密性というよりは耐震性を上げるために使用しています。

加賀妻工務店の住まいが、透湿防水シートのみでC値0.9の結果が得られたことは、
恐らく一般的にC値2.0を下回る(悪くなる)と予想される中、
上記のように室内側に気密フィルムも貼らない施工方法としましては、
優秀な結果になります。

セルローズと大工さんの協働で、施工精度が高く保たれた結果と思われます。

DSCN3739

DSCN3754

DSCN3758

DSCN3747

高橋一総
——————————
※設計アシスタント・現場監督募集
加賀妻工務店では、
現在、設計アシスタント・現場監督を募集しております。
こちらまでご連絡ください!
スタッフ募集
どうぞよろしくお願いいたします。
——————————

2018年09月30日(日)

チルチンびとの取材、スタッフ募集

昨日、東小磯の住まいで、チルチンびとの取材をさせて頂きました。
12月発売の薪ストーブ特集に掲載されます。

4年前にお引渡しさせて頂きましたY様。
薪ストーブの実演に加え、薪ストーブの料理もふるまって頂きました。
ありがとうございました!

今年4月にチルチンびとの会員社の皆様が
加賀妻工務店の住まいを見に来て頂いた際に、
風土舎の編集長の山下武秀さんの目に止めて頂き、
今回の取材へと運びとなりました。

山下編集長にも来て頂きました。
ありがとうございます。

写真を載せます。
構造材:山長商店、浮づくりの杉の無垢床材:益子林業、
杉の家具、玄関ドア:ユダ木工、漆喰壁、薪ストーブ:イントレピットⅡ
杉の色も落ち着き、お持ちの家具との色合いも馴染みました。

DSCN3692

IMG_20180929_114239

DSCN3726

DSCN3703

今後ともにどうぞよろしくお願いいたします。
高橋一総


スタッフの募集をいたします。
設計(アシスタント)、現場監督
詳細はHPに近日アップいたしますので
よろしくお願いいたします

2018年08月31日(金)

オーナー様宅でのお打合せ

オーナー様宅でのお打合せ

今月、お客様とプランのお打合せさせて頂きました。

いつも使用しております無垢材の経年変化につきましては、良くご質問を受けますが、
やはり見て頂くのが一番分かり易いですので、お客様にお休みを取って頂き、
オーナー様宅にお伺いさせて頂きました。

二宮の住まいです。
8年前にお引渡しさせて頂いており、
度々オーナー様宅見学会もさせて頂いています。
また、数年前から、月一回平日にカフェをされていますので、
今回はカフェのOPENの日に合わせてお伺いしました。
平日にもかかわらず、満席です。
山のうえ cafe + ito
おいしい食事と空間がありますので、皆様、是非お越し下さい!

お客様とは、
カフェの食事を頂きながら、素材のお話と、プランのお打合せも少しさせて頂きました。
お施主様とオーナー様ともお話頂き、
1年を通しての室内環境や光熱費や無垢材のメンテナンス等についてお話頂きました。
今後の家づくりについて、とても参考になられたと思います。
私達もオーナー様ともお話も出来、とても有意義な時間が過ごせました。

ありがとうございました。またご訪問させてください。
高橋一総

写真は4年ほど前と、竣工間もない頃の取材の時の写真です。
20120820162449688_0001+
20120820162314588_0001+
20120820162412436_0001+
_MG_0343
_MG_0306
_MG_0219

2018年07月31日(火)

工務店の組織

こんにちは。
現在も、土地探しのお客様も含め、プランの検討が続いております。
少しづつですが、土地をお決めになられるお客様もおられ、
基本設計、実施設計に進む物件も出て参りました。
プランの方、お客様には少しお待たせしまして申し訳ありません。

さて、一昨日の日曜日に、
現場調査に午前午後と平塚、藤沢と2件連続でお伺いさせて頂きました。
お建て替えです。
お客様にもお立会い頂き、営業と一緒に雑談も交えながらヒアリングもさせて頂きました。
その後、写真を撮ったり、敷地を見させて頂きました。
ありがとうございました。

そのお話の中で、
加賀妻工務店は設計・工事・営業・メンテナンス・リフォーム等、
組織として形が出来ているので安心してお任せできますと、ありがたいお話を頂きました。

今現在は、さらに設計と監督の強化を図りたい。
また、大工さんも含め、設計と監督、いい人材の募集へも動いていかないといけないと、
考えさせられました。

高橋一総

~以下 お知らせです~
西小磯のS邸にて、見学会を6/30-7/1とさせて頂きました。
その際に、ガルバリウムの雨樋等でよく採用させて頂いてます、
タニタハウジングウエアの社長に来て頂きました。

ブログにも書いて頂きましたのでご覧ください。
タニタハウジング谷田社長ブログ

写真は谷田社長の写真です。いい写真ですね。
37300526_1898971550163778_6799307931104837632_n
37366068_1898971733497093_6777857661837770752_n
37296231_1898971716830428_2179947806846877696_n
37370405_1898971323497134_9006759918241316864_n

Facebookをされている方はこちらもご覧ください。
たくさんの写真を載せて頂いてます。
西小磯S邸写真

また、玄関ドアにユダ木工の国産桧の引戸やドアを採用しておりますが、
カタログに載せて頂きました。ありがとうございます。
右下の写真です。
ユダ木工カタログ

2018年06月29日(金)

「住宅+α」の住まい 住まいの多様化

土地探しのご相談と、検討プラン・スケッチが引き続き続いております。

このところ、「住宅+α」の住まいが多くなっているのかなと感じています。
仕事場、アトリエ、カフェ、集いの場、お店と畑の延長線上のスペース、などご要望は様々です。

オフィス併用住宅、店舗併用住宅等、併用住宅と呼ぶと固いですが、柔らかな印象です。
仕事場と住宅がはっきり分かれた単純なゾーニングではなく、
暮らしと仕事の境界が曖昧になっているイメージです。
仕事の出来る住まい、暮らす住まい、生活と仕事が密接につながる住まいです。
住まいの多様化の形なのかなと思っています。

プログラムにさらに二世帯住宅が組み込まれるケースもあります。
二世帯住宅もプログラムが色々ありますね。
二世帯住宅を検討させて頂く際にも、
プランの際に、全てのパターンを考えながらお打合せさせて頂いております。
着工させて頂いている戸塚のS・M邸。実施設計真最中の秦野のT邸。
を含め、これまでにも多く建てさせて頂いておりますが、

「住宅+α」の住まいは、また違った感覚です。
暮らしと仕事場とが、かなり密接にお互い入り込んでいます。
土間でつながるプラン、玄関を2つに分ける、集いの場では広いスペースが求められます。
どのようなプログラムでも、お打合せさせて頂きながら最適解のプランを組んでいきます。

着色前の計画中の住まいのスケッチです。
スケッチ
これからまたお打合せさせて頂きながら変化していくと思います。楽しみです。
高橋一総

「お知らせ」
明日明後日は大磯で見学会をさせて頂きます。よろしければ是非お越しください!
西小磯S邸完成見学会 
DSCN1277trim2

2018年05月31日(木)

土地をお探しのお客様へ

土地をお探しのお客様へ

このところ、加賀妻工務店を考えていらっしゃるお客様で、
土地をお探しのお客様からのお問い合わせも増えています。
具体的な土地のご相談、エリアからのご相談の方など様々いらっしゃいます。

エリアからのご相談の方には、
FP(ファイナンシャルプランナー)をご紹介差し上げて、
ご購入検討の際の、土地の価格帯などもご相談にのらせて頂くこともできます。

具体的な土地を2、3件ご検討、または一つの土地を迷われている場合、
現地を見させて頂き、設計・営業の方から、アドバイスさせて頂きます。

さらに具体的に、敷地に対してのような住まいが可能か、
ラフプランをさせて頂いております。
敷地と周辺環境から、
気持ちの良いリビングやキッチンの配置や、駐車場の取り方、
玄関の入り方、1階リビング、2階リビング、
など、色々と判断できます。
敷地と間取りと生活のイメージがおよそ分かります。

土地は様々な理由で、最終的に購入まで進まない場合も多いですが、
また、新たな土地でラフプランをさせて頂きます。

アドバイスやラフプランをしながら、お客様とコミュニケーションが徐々に取れますので、
最終的に決定した土地でのプランやお打ち合わせも、スムーズに進むと思います。

気になる土地は、現地調査の次の日などに別の方の予約が入ることも多いです。
土地とお客様とは、本当に巡り合わせだと思いますので、
根気よく探して頂くことも大事だと思います。

どうぞよろしくお願いします。
高橋一総

ーーー
先日、土地をお探しのお客様を小竹の住まいにお連れした際の写真を載せます。
お住まいになられて6年です。造園が見事です。
DSCN0338
DSCN0320
DSCN0331

また、6月半ばに構造見学会、6月末に完成見学会をさせて頂きます。
お知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。

2018年04月30日(月)

住まいと造園

「住まいと造園」
住まいの設計のにあたり、
建築と造園・外構を一体的に設計するように進めています。
周囲の街並みも含めて景観も魅力のあるものになります。
なにより建築も植栽があることで豊かになると思います。

計画中の住まいも含めて、一例をご紹介します。
西小磯のS邸では、
造園設計を葉山のNAYA設計室さんに依頼しました。
駐車場の土間コンクリート等は洗い出し仕上、外構屋さんに施工して頂きます。
昨日、お施主様も含めて、現場でお打合せさせて頂きました。
前庭と中庭のある住まいです。外構は6月後半の工事予定です。
見学会を6月に予定しています。
楽しみにしています。

前庭と外玄関
DSCN9615

中庭です。
DSCN9733

内部は施工真最中です。
DSCN9730

次は、東小磯のY邸の例を挙げさせて頂きます。
こちらは植栽はお施主様の旧宅からの移植で、デッキの中庭は私の方で計画しました。
デッキ庭ですので、切り抜きを作り、ヒメシャラを植えています。
この場合は、デッキの施工前にヒメシャラを移植します。
植栽の配置を計画しておけば可能です。
DSCN9177

2階からの見おろし。
左側に、木塀と屋根とスノコを組合せた薪置場もあります。
DSCN9178

(最後の写真は造園とは関係ないですが、
 造園の話もよく出ている「住まいの雑誌 チルチンびと」の皆様が
 4/12に加賀妻工務店の住まいを見に来てくださったときの写真です)
DSCN9180

次に、東小磯のN邸は、昨年3月にお引渡しさせて頂きました。
住まわれてから、段々とデッキ工事と造園工事をさせて頂きました。
ありがとうございました。
実際にお住まいになられて近隣のお住まいとの関係で植栽の配置を決めました。
ソヨゴ、常緑ヤマボウシ、イロハモミジ、芝生等を植えています。
image-058

最後に、今年2月にお引渡しさせて頂いきました、
腰越のK邸では、少し暖かくなってからとのことで、
4月にサルスベリと下草等の植栽を施工させて頂きました。
植栽に陽が当たるように、木塀の間隔を一つおきにしています。
DSCN9576

植栽前の外観です。 
右側の植栽スペース前は木塀の間隔を一つ飛ばしにしています。
DSCN8308

なかなか建築の設計のお打合せ段階では外構や植栽の計画までできないことも多いのですが、
できるだけ一緒にお打合せさせて頂き、外構や植栽まで計画させて頂ければと考えています。

高橋一総

2018年03月31日(土)

ものつくり大学のインターンシップ生

3/5に、埼玉にある「ものつくり大学」のインターンシップの説明会に行ってまいりました。
といいましても、説明会の場所は神保町の学士会館です。

学科は製造学科(電気・機会・・)と建設学科(木造・まちづくり・仕上・・・)
あり、様々なジャンルの企業の方が聞きに来られていました。
早速、インターンシップ生の募集要項を提出しお願いしてきました。

加賀妻工務店でも、弟子からの大工さんの募集をしており、
ものつくり大学のインターンシップ生の受入れをします。

現在、加賀妻工務店には、
ものつくり大学の、一期生の原拓大工さんと、五期生の小林大工さんが、
学生時代にインターンシップ生で来てくれて、大学卒業以来、
加賀妻工務店の親方大工の弟子から始め、今では親方となり、
現場をそれぞれ1棟1棟任せて責任を持って大工工事をしてもらっています。

二人には、恩師のお名前を聞いて行きました。
説明会には、小林大工さんの恩師の深井先生がいらっしゃり、
懇親会の際に先生にお話でき、小林大工さんの成長を大いに喜んで頂きました。

懇親会の際に撮らせていただいた写真です。
1520243503941trim

また、以下の写真は、
3/6の戸塚区平戸の2世帯住宅のS邸・M邸の上棟式の際に、
お施主様に撮影いただきました写真です。
皆いい顔していますね。
4D22B7D1-6457-417B-B15E-D57B47F76CEC

若い世代では、
設計でも、山口大学の大学院を出た高宮君が6年目になり、
今ではプランから打ち合わせまで任せられるようになりました。
現場では監督と大工さんとコミュニケーションを取りながら進めています。
設計も新卒の学生を募集したいところです。

お施主様とのご要望を頂き、コミュニケーションを図りながら、
敷地環境も合わせて、よりよいものを追求してまとめる設計。
今、プランの考え方や納まりも色々な考えがあると思います。

設計をしている私も含めて、設計・監督・大工・職人と協力し合いながら、
切磋琢磨して最適解を求めて成長していければと思います。

このところ、設計の内容をあまり書いていないので、
次回は設計や現在の現場のお話を書こうと思います。
現場にもお施主様のお打合せや、現場での納まりの打合せに行っています。
よろしくお願いいたします。

写真は西小磯の町家の住まいです。
高橋一総
DSCN9008

DSCN8979

2018年02月28日(水)

「あたりまえのことをちゃんとやる」

昨日、今日と、大神のU邸、鎌倉市腰越のK邸のお引き渡しでした。
うれしいお手紙も頂きました。ありがとうございます。
設計から現場まで通してお打合せさせて頂きました。

今後もメンテナンス(家守)をさせて頂きますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
3月に、寒い期間で出来なかった造園工事も進めて参ります。
71D5927D-B453-491E-A1F8-AFCB4ECB9CB7 trim
(写真の右側の木ルーバーの間から植栽が見えるようになります)

さて、定期点検や、メンテナンス、取材等で、
オーナー様宅をお伺いさせて頂くことも多いのですが、
先日、お引渡しさせて頂いて一年の大磯のN様より、
「以前の住まいでは加湿器が欠かせませんでしたが、
この冬は、あの朝起きた時に喉が痛いという症状がない。」
というお話を伺いました。
大分前にも二宮のT様から、
「乾燥肌の症状が軽減された」いうお話を聞いたのを思い出しました。
image-056

自然素材(セルローズ、珪藻土、杉床)の
調湿効果が健康面にも良く作用しています。
マツナガのセルローズは専門の職人が施工しますのでとても安心です。

ただ、今の住まいは気密もよいですので、
湿度が少し高めになりがちですので、窓開け換気での風通しもお願いしています。
(まれに樹脂サッシでも結露することがあります)

加賀妻工務店では、
設計・施工・メンテナンス・構造・断熱・造園計画・等々まで
一貫して社内のスタッフが行います。
専門的な構造設計や造園計画は、協力事務所と協働しています。
作り手は安心して任せられる加賀妻工務店専属の棟梁と職人さんです。

 これからも
「当たり前のことをちゃんとやる」
 工務店であり続けたいと思います。

高橋一総

~お知らせ~
今週末、3/4(日曜)に
じっくり派の為の家づくりセミナー「知って得する住宅ローンセミナー」
開催いたします。
3/18(日曜)には「オーナー宅見学会」を行います。
お引渡しさせて頂いて約5年になるOMソーラーの住まいです。
住まい手のお話、OMソーラーさんのお話もお伺いできますので、是非ご参加ください。

2018年01月24日(水)

「お客様志向の小さな行動」

今年もよろしくお願いいたします!

正月休みは1/2、3は実家の食事会、
1/4~6までは、広島の宮島、山口県岩国の錦帯橋、しまなみ海道で伊藤豊男ミュージアムなどを見て参りました。
ゆっくり休ませて頂き、ありがとうございます。

加賀妻工務店の仕事始めは1/9からでしたが、
私と担当営業・監督は1/8に戸塚区にて地鎮祭を行いました。
二世帯住宅です。S様。M様。おめでとうございます!
DSCN0667

また、1/15に加賀妻工務店 新年会・安全大会を行いました。
多くの協力業者さんにも集まって頂き、ありがとうございます。
設計・監督・メンテナンス部・リフォーム部、
各部からの去年の反省と今年の抱負の報告、その後、
講師を招いての「工事の安全に関する講習」、
夕方からは。新年会・賀詞交換会と続きました。
DSCN0816

今年、お話しさせて頂いた内容を少し載せます。
「お客様志向の小さな行動」
昨年読みました小宮一慶さんの本のなかで、
とっても良い言葉がありましたので、
住まいづくりに重ね合わせて、引用させていただきました。

住まいの仕事は「お客様志向の小さな行動」を積み重ねです。
このことを思いながら、
営業・設計・監督、職人さんに「いい仕事」をして頂き、
その積み重ねの結果、住まいは出来上がる。お施主様に満足して頂ける。

「お客様志向の小さな行動」と「いい仕事」は、全ての業種の仕事に当てはまると思います。
少し強引かもしれませんが、「住まいづくり」にもよく当てはまる言葉だと思い、引用させていただきました。

今年も、進化していい年にしましょう。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
高橋一総
(新年の投稿が遅れすみません。)