2019年06月30日(日)

ものつくり大学のインターン生

6/17より、埼玉の「ものつくり大学」より、
大工志望の2年生のインターン生が実習に来ています。

小田原市酒匂の現場の鈴木明宏大工さん・原拓大工さんに預けました。

原大工さんも「ものつくり大学」の一期生で、
4年生の時に加賀妻にインターンとして来てくれました。
卒業後、加賀妻の岡野大工さんの元で5-6年修業して、
今は親方として、丁寧な仕事をしてくれています。

ものつくり大学からは、
4期生の小林拓さんも加賀妻の石田大工さんの元で親方になりました。

ものづくり大学も現在は18期だそうです。

インターン生に聞きましたら、
インターンの募集はものすごい数で、募集が300社以上あるそうです。
その中で、加賀妻工務店を選ばれて来ています。

40日間という短い実習期間ですが、
外壁の下地や、室内の下地を取り付けたり、
大工さんの指導のもと、出来ることを頑張ってくれています。

色々なことを吸収して、また大学での勉強に活かしてほしいですね。

DSCN8286+

高橋一総

写真は
6/30にお引渡しさせて頂いた港南台K邸の写真です。
おめでとうございます!
造園・外構工事など、引き続きますが、
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

DSCN8231trim

DSCN8229trim

DSCN8222

DSCN8180trim

DSCN8191

DSCN8193

2019年05月14日(火)

現場の紹介です

今回のブログは現場の紹介です。

日野南K邸
「趣味と生活を楽しめる大きな屋根の住まい」
定番の大屋根をL字プランに架けた住まいです。
吹抜廻りはスチールの手摺で軽やかに、
DSCN9913

玄関土間に趣味・工房コーナーが併設されています。
DSCN9917-

秦野市T邸
「OMクアトロソーラーと薪ストーブの二世帯住まい」
OMソーラー+太陽光+薪ストーブのある二世帯住宅です。
DSCN9881trim

2世帯住宅で、親世帯は平屋部分にあります。
DSCN9875

百合が丘M邸
「山並み見渡せるカフェのある片流れの住まい」
大胆なコーナー窓、真中に壁を設けました。
薪ストーブが右側に据え付けられます。
DSCN9984-

大きなガレージ屋根も建築工事で作っています。
DSCN9986

小田原市酒匂K・I邸
「卓球台と薪ストーブのあるコミュニティーのある住まい」
※構造見学会を6月頭に予定しています。またお知らせします。
コミュニティースペースも兼ねた大空間が見所です。
南面に高さ2.4mの大開口を用意しました。
こちらも薪ストーブが吹抜下に据えられます。
DSCN9994

変化を持たせたプランです。
DSCN9997

茅ヶ崎市東海岸南A邸
「暮らしと小さな仕事場のある2世帯の住まい」
LDKから中庭をみています。手前に造作キッチンが置かれます。
DSCN0005

採光の吹抜です。南側にスリット窓を上下通して用意しています。
DSCN0012-

最後は昨年末、
チルチンびとの薪ストーブの特集に掲載させて頂いた大磯W邸です。
改めて、暮らし探訪の取材も兼ねて写真を撮らせて頂きました。
ホームページに出来上がり次第、アップしますので楽しみにしてください。
KAGA-082-

高橋一総

2019年03月31日(日)

新人が2名入りました

4月から、新人が2名入ります。
設計部と大工さんです。

設計は設計補助として、模型や図面作図から始まります。

大工さんは弟子として親方について、一から勉強していきます。

始まったばかりですが、今後の成長が楽しみです。
よろしくお願いします。

写真は、お引渡しさせて頂きました、大磯の住まいです。
ありがとうございました。
設計にも時間をかけましたので、完成が待ち遠しかったと思います。
お客様のこだわりもたくさん詰まっています。
今後共にどうぞよろしくお願いします。

DSC_2294

DSCN9573trim

DSCN9567TRIM

DSCN9570trim
高橋一総

2019年02月28日(木)

オーナーズハウス見学会のご報告

オーナーズハウス見学会のご報告です。

先週の日曜日(2/24)に大磯にて、
「薪ストーブのある住まい」の
オーナーズハウス見学会をさせていただきました。
13組ほどお越しいただき、リビングは混雑状態です。

お客様は、
・新規のお客様
・見学会に数度来場されているお客様
・お打ち合わせ中のお客様
・現場の進んでおりお客様
がいらっしゃり、ご質問の内容も視点も様々です。
見学の最中に適宜、答えさせて頂いています。

今回2軒見て頂きました。
お引渡後、丸4年のW邸、10年のF邸です。

毎年やらせて頂いているF様と、
DSC_2172-

最新のチルチンびとに掲載となったW様にお願いしました。
チルチンびと最新号(東小磯W邸掲載)
DSCN9030-
ありがとうございました!

無垢の素材の住まいの経年変化はなかなか想像できないと思います。
無垢の床材は、色はアメ色になり、ツヤが出てきます。
珪藻土もクロスのように静電気でホコリを吸い付けませんので、
それほど汚れませんし、補修も効きます。
珪藻土のメンテナンスの仕方をマニュアルもお渡しできます。
皆様、ご安心頂けたかと思います。

また、この機会を逃してしまった方も、
ご都合を合わせながら、個別にご案内もできることもありますので、
お問い合わせください。

チルチンびとb68-p01
(チルチンびとより写真掲載)

どうぞよろしくお願いいたします。
高橋一総

2019年01月31日(木)

新年会・安全大会

遅くなりましたが、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
あっという間に一月末です。

1/15に新年会・安全大会を行いました。
毎年、年始めに行っています。
その後の懇親会では、大工・職人さんと交流を深めました。
監督ブログにも書かれています)

業界紙を発行している、
新建ハウジングさんの「住宅産業大予測」本の内容を織り交ぜながら、
「工務店・コストの二極化」と「不確実性」について、お話させて頂きました。

抜粋しますと・・・。
「健全経営組」となるには、
「設計+施工品質+適正価格+生産性(難)+ブランド化」の向上をさらに図る。

コストの二極化では、
伸び代のVSハウスメーカー・アンダー1500万円と、二極化がじりじりと進んでいるなか、
構造、性能、造園など付加価値をつけながら、適正価格を維持していく。

不確実性の時代では、
周りに振り回されず、独自の力・技を信じ磨き、地固めしながら、切磋琢磨していくことの大切さ。
お客様の目線も、工務店選びは、確実なものを求められている。
確実なものの積み重ね・目に見える仕事の結果が大切で、
そこから加賀妻工務店を選ばれている。

大工、職人さんには、
加賀妻工務店の、会社の50年の歴史、HPの見栄え、社員はもちろんですが、
最後に目に見えてくるものは現場・大工・職人さんの技・対面です。
前向きな職人さんの姿・現場の温かさ・綺麗さ・切磋琢磨している姿も評価され、
見えるもの(リアルなもの)が一番、確実なことで、
そこからも加賀妻工務店を選んで頂けるものと思います。
といった内容のお話をさせていただきました。

お客様志向の小さな行動の積み重ねから、
次のお客様につながっていくのではと思っています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
高橋一総

2018年12月29日(土)

今年も一年間ありがとうございました。

今年も一年間ありがとうございました。

今年は前半に比べて、
後半はお打合せ等新規案件も増え、
あっという間に過ぎました。

お客様には、プランお打合せや図面等お待たせしてしまったかもしれません。すみません。
また来年も頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

監督ブログにも書いてありますが、
本日、大掃除と納会にて今年は締めでしたが、
夕方より茅ヶ崎にて地鎮祭とご契約がありました。
A様。ありがとうございました。
1月から着工です。よろしくお願いいたします。

1月着工物件が3軒あります。
工事の方、安全に進めて参ります。

終わりに、
二冊、書籍掲載のご紹介です。
「チルチンびと 2018冬号」に東小磯W邸が掲載されております(198頁~)
チルチンびと表紙

ザ・ハウスさんより出版されました
「良い間取り悪い間取り」に2邸掲載されております。
良い間取り悪い間取り
よろしければお手に取ってご覧ください。

今年もお世話になりました。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。
高橋一総

2018年11月30日(金)

顔の見える打合せ 職人さんの暖かさ

「顔の見える打合せ 職人さんの暖かさ」

7月末より基本プランのお打合せをさせて頂いておりましたお客様と
設計のご契約を頂けることになりました。
お客様は、ハウスメーカーや工務店さんなど色々と、
ご覧になられ、決めて頂きました。
その間に3度プランのお打合せをさせて頂きました。

決め手について、営業と聞いてみましたら、
・毎月コンスタントに着工していること
・営業、設計の顔を見て打合せが出来ること
・大工さんが地元に住んでいること
・職人さんの顔が見えること
を上げて頂きました。
設計の方、一生懸命やらせて頂きますので、よろしくお願いいたします。
ありがとうございます。

また、木曜日に海老名で上棟させて頂いたお施主様より、
大工さんが暖かい感じが、見学した住まいからも伝わるので、
加賀妻でお願いしました。との言葉を頂きました。
ありがとうございます。
DSCN8022trim

現在、設計中・工事中の物件が多く、
11月にも地鎮祭2棟、上棟2棟しました。
年内にあともう一棟上棟があります。
お客様に満足して頂けるように進めて参ります。

写真は大磯で着工中の片流れの住まいです。
DSCN8003trim

DSCN8002trim

よろしくお願いいたします。
高橋一総
——————————
※設計アシスタント・現場監督募集
加賀妻工務店では、
現在、設計アシスタント・現場監督を募集しております。
こちらまでご連絡ください!
スタッフ募集
どうぞよろしくお願いいたします。
——————————

2018年10月30日(火)

気密測定を行いました

今月頭、
大磯のT邸にて気密測定を行いました。
計算上は建物性能について、色々な数値が出せますが、

加賀妻の住まいが、実際にはどれ位の性能があるのかと確かめるべく、

昨年は床倍率実験を行い、今年は気密測定を行いました。

結果、
加賀妻の気密層は以下、
・屋根はセルローズ上の透湿防水シート 
・外壁は、加賀妻工務店仕様の、透湿防水シート
・床は、セルローズ断熱下の透湿防水シート
を使用しながら、外壁に構造用合板などの面材を一切せずに、
C値0.9を達成しました。

これは、気密層として構成される透湿防水シートのジョイントを
セルローズを吹き込む際に、吹き漏れないように、
しっかりとテープ処理をしてから、吹き込んでいる為、
気密性が高まった為と考えられます。

最近では、2×4工法だけでなく、在来工法でも、
ネダレス工法や外部を構造用面材で囲っている構法が主流です。
構造用合板のおかげで、C値が2.0を切る事例が増えていますが、
気密性というよりは耐震性を上げるために使用していますね。

加賀妻工務店の住まいが、透湿防水シートのみでC値0.9の結果が得られたことは、
恐らく一般的にC値2.0を下回る(悪くなる)と予想される中、
上記のように室内側に気密フィルムも貼らない施工方法としましては、
優秀な結果といえると思います。

セルローズと大工さんの協働で、施工精度が高く保たれた結果が出たと考えています。

DSCN3739

DSCN3754

DSCN3758

DSCN3747

高橋一総
——————————
※設計アシスタント・現場監督募集
加賀妻工務店では、
現在、設計アシスタント・現場監督を募集しております。
こちらまでご連絡ください!
スタッフ募集
どうぞよろしくお願いいたします。
——————————

2018年09月30日(日)

チルチンびとの取材、スタッフ募集

昨日、東小磯の住まいで、チルチンびとの取材をさせて頂きました。
12月発売の薪ストーブ特集に掲載されます。

4年前にお引渡しさせて頂きましたY様。
薪ストーブの実演に加え、薪ストーブの料理もふるまって頂きました。
ありがとうございました!

今年4月にチルチンびとの会員社の皆様が
加賀妻工務店の住まいを見に来て頂いた際に、
風土舎の編集長の山下武秀さんの目に止めて頂き、
今回の取材へと運びとなりました。

山下編集長にも来て頂きました。
ありがとうございます。

写真を載せます。
構造材:山長商店、浮づくりの杉の無垢床材:益子林業、
杉の家具、玄関ドア:ユダ木工、漆喰壁、薪ストーブ:イントレピットⅡ
杉の色も落ち着き、お持ちの家具との色合いも馴染みました。

DSCN3692

IMG_20180929_114239

DSCN3726

DSCN3703

今後ともにどうぞよろしくお願いいたします。
高橋一総


スタッフの募集をいたします。
設計(アシスタント)、現場監督
詳細はHPに近日アップいたしますので
よろしくお願いいたします

2018年08月31日(金)

オーナー様宅でのお打合せ

オーナー様宅でのお打合せ

今月、お客様とプランのお打合せさせて頂きました。

いつも使用しております無垢材の経年変化につきましては、良くご質問を受けますが、
やはり見て頂くのが一番分かり易いですので、お客様にお休みを取って頂き、
オーナー様宅にお伺いさせて頂きました。

二宮の住まいです。
8年前にお引渡しさせて頂いており、
度々オーナー様宅見学会もさせて頂いています。
また、数年前から、月一回平日にカフェをされていますので、
今回はカフェのOPENの日に合わせてお伺いしました。
平日にもかかわらず、満席です。
山のうえ cafe + ito
おいしい食事と空間がありますので、皆様、是非お越し下さい!

お客様とは、
カフェの食事を頂きながら、素材のお話と、プランのお打合せも少しさせて頂きました。
お施主様とオーナー様ともお話頂き、
1年を通しての室内環境や光熱費や無垢材のメンテナンス等についてお話頂きました。
今後の家づくりについて、とても参考になられたと思います。
私達もオーナー様ともお話も出来、とても有意義な時間が過ごせました。

ありがとうございました。またご訪問させてください。
高橋一総

写真は4年ほど前と、竣工間もない頃の取材の時の写真です。
20120820162449688_0001+
20120820162314588_0001+
20120820162412436_0001+
_MG_0343
_MG_0306
_MG_0219