加賀妻設計ブログ

2016年05月24日

2016年05月24日

続々と

初夏のような晴天が続きます。
少しでも涼し気な色に万年筆のインクも衣替えしました。高宮です。


続々と年度末から年始にかけて着工が続いています。
継続的に仕事のご依頼を頂けるのはありがたいことです。


mokei3tou.jpg


手前から「茅ヶ崎市 G邸」「茅ヶ崎市富士見町 O邸」「鎌倉市大町 DA邸」


茅ヶ崎市 G邸→http://www.kagatuma.co.jp/testBlogRepo/cat135/#007386
茅ヶ崎市富士見町 O邸→http://www.kagatuma.co.jp/testBlogRepo/cat158/#007380
鎌倉市大町 DA邸→http://www.kagatuma.co.jp/testBlogRepo/da/#007383


「茅ヶ崎市富士見町 O邸」はお施主様のご希望もあり、既存の樹木を残しています。
深い軒と木陰で夏を涼しく、目でも楽しめる暮らしが送れそうです。


庭に1本ずつでも樹木が植えられていけば、もっと街並みと暮らしがよくなるだろうなぁ。
次回の見学会は6月18日、19日を予定しています。また改めてご連絡させて頂きます。


高宮

2016年05月13日

2016年05月13日

茅ヶ崎市西久保の現場

西久保の現場が大詰めに入っています。

狭小地に建つ住まいです。

ビルトインガレージを抜けて玄関に入ります。

建物幅は2間(3.64m)ですが、畳リビングに接して縁側があり,お隣に建つ既存の母屋と繋がれる配置にしています。  
   
室内に入ると奥行のある、小さい敷地を感じさせない広がりのある空間になっています。

IMG_1072_640.jpg
玄関からLDK・縁側を見る

IMG_1073_640.jpg
縁側からLDKを見る

そろそろ仕上げの作業に入ります。
仕上げ前と後ですとまた違った空間になっていきます。
完成が楽しみです。

shirota


2016年05月13日

高浜台の現場

「松林を望む片流れの住まい」


高浜台の現場です。
足場が外れ、日曜日に外構のお打合せをさせて頂きました。
これから外構・デッキ・カーテンブラインドの計画です。


松林に向かって、屋根を伸ばしている片流れの大屋根です。
道路側は出来るだけ屋根を低くし、開口も絞って、階段室の縦窓が強調されるようにしています。
DSCN8149trim.jpg


今回はバルコニーもあります。バルコニーをそのまま出すのではなく、
袖壁とサッシ直上に軒を出して、袖壁と一体化させて形を整えています。
DSCN8176-.jpg


1階はLDKを松林と平行にとり、幅5.2mの大開口を用意しています。
奥行1.8mのデッキは袖壁や目隠しの格子で、ある程度視線を遮ります。
キッチンは造作で、鈴木明宏大工さんが只今製作中です。
DSCN8184-.jpg


見学会を6月上旬に出来ると思いますので、
またよろしくお願いいたします。
設計 高橋一総

2016年04月16日

2016年04月16日

小田原市栢山の現場 完成です

小田原市栢山の現場です。

薪ストーブを中心にリビング~ダイニングキッチンへと。更には吹抜けを通し2階へ繋がる空間となっています。
それぞれの子室はコンパクトながら、引戸を壁内へ納めオープンにする事ができたりと開放的な住まいです。


IMG_0285_640.jpg
社内検査の様子

実際生活してくうえで、どのような変化が生じてくるかや、
施工する上ではもっとこうして欲しいなど、
各専門業者の方から今後の設計関する意見やアドバイスがもらえるので、
とても大事な場となっています。


手前右から3人目が棟梁の石田大工さんです。


23日 こちらの住まいの見学会を行います。
是非いらして下さい。

shirota

2016年04月14日

2016年04月14日

4/23(土曜)小田原栢山、4/24(日曜)平塚市南原にて完成見学会を行います

4/23(土曜) 小田原栢山にて、
4/24(日曜) 平塚市南原にて、完成見学会を行います。


4/23(土曜) 小田原栢山 四方に景色の広がる薪ストーブのある住まい
外観は、大屋根と下屋の構成です。下屋を3方に張り出しました。
1階の間取りは東西に幅広く、南庭をできるだけ確保しています。
和室と水廻り部分を下屋とし、南面に軒を連続させています。
2階はコンパクトにまとめながら、小さな吹抜け、スノコ、屋根裏を利用した物置スペースがあります。
DSCN3739trim-.jpg


内部は、薪ストーブの壁を中心に、両側を全開放できる障子。
奥には半間突き出た勾配天井の和室があります。
壁は珪藻土、床は杉。
DSCN3730trim--.jpg


4/24(日曜) 平塚市南原 中庭・前庭・袖壁のある住まい
隣家が迫っている為、中庭と袖壁でプライバシーをある程度確保しています。
玄関から入ると、黒の鉄骨階段に目線が行くようにしています。
玄関から土間収納を抜けて入れる回遊導線、
プロジェクタースクリーンのボックスを利用した間接照明なども造っています。
DSCN3541trim-.jpg


是非お越しください。
設計 高橋一総

2016年04月05日

2016年04月05日

鎌倉市O邸着工中です

先日は急な告知にもかかわらず、二宮I邸の見学会にお越し頂きました皆様、有難うございました。
今回、予定が合わず参加できなかった方も、4月末に見学会を予定しておりますので、ぜひご参加頂ければと思います。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

現在鎌倉にて着工中のO邸です。


onotei1.jpg


とても複雑な模型でしたが、なんとか完成しました。


加賀妻の着工からお引き渡しまでは最低でも半年以上かかります。
加えて、特殊工事等が入ると追加で期間を頂きます。

たぶん、多くの人にとって一生に一度の家を建てるということ。
たくさんあり、とても複雑な家づくりの工程。どれもショートカットすることはできません。


首を長~くして待つ間、少しでも模型で新しい暮らしの妄想を膨らませ、楽しんで頂ければ幸いです、


施工レポート→
http://www.kagatuma.co.jp/testBlogRepo/o/index.html


高宮

2016年03月29日

2016年03月29日

4/3(日曜) 二宮にて完成見学会を行います

4/3(日曜) 二宮にて完成見学会を行います。
「方形から延びる屋根とスキップフロアの住まい」


外観
方形屋根から、屋根を低く葺きおろしています。勾配は3寸。
仕上は左官で玄関ドアは木製ドア(ユダ木工)、玄関廻りは板張。
DSCN2103trim-.jpg


2階リビング
方形屋根の中心に150角の大黒柱。
壁は珪藻土、杉床、天井クロス。 基本障子としています。
DSCN1974--.jpg


1階和室からの吹抜け
葺きおろした屋根の下にあるので天井高さは抑えています。1550mm。
DSCN2037-.jpg


中2階の和室
2階レベルより階段1段下がっています。 天井高さは1660mm~。
DSCN2000-.jpg


道路との高低差1mを利用したスキップフロアです。
東西が隣家で迫っているため、出来るだけ南の採光、北の景色を取込めるようにプランしています。


告知がギリギリになってしまいましたが、是非お越しください。
設計 高橋一総

2016年03月20日

2016年03月20日

3/27日曜 2棟同時 完成見学会を行います!

3/27(日曜)、
西鎌倉・村岡東にて、2棟同時の完成見学会を行います!
車で15分位ですので、両住まい共ご覧ください。


西鎌倉の住まい
外観は大屋根の切妻と下屋の組合せで、下屋の脇からアプローチします。
DSCN1542trim-.jpg
室内は施工中で写真はアップしませんが、
南面に幅4mの3枚引違の引込障子の大開口があります。
1階に4.5帖の吊鴨居の和室、ファミリークローゼットがあります。


村岡東の住まい
外観はサッシ回り小庇と木を回す・玄関廻りの板張り・破風など・木質感を高めています。
屋根は寄棟で、サンルームを南側に突き出したL字プランです。
DSCN1815trim-.jpg
こちらも1階に客間、ファミリークローゼットがある、障子を引き込める住まいです。


両住まい共、是非お越しください。
設計 高橋一総

2016年03月12日

2016年03月12日

キッチンのこと。

前回の更新より、大分ごぶさたしてしまいました。高宮です。

先日の鵠沼の完成見学会ではたくさんの方々にご来場頂き、ありがとうございました。
また、月末に見学会を開催させて頂きますので、お越しの際はどうぞよろしくお願いします。


先日の設計・高橋のブログにもありましたが、敷地境界に板塀がとりつきました。


s-teigaikan.jpg

外観写真。緑が少しあるだけで華やぎます


会場では造作キッチンについてのご質問をたくさん頂きました。
加賀妻で造作キッチンを選択する時は、大きく下記の2点があげられると思います。


①:計画上造作キッチンにする必要性があるから


例えば今回の見学会のお宅ですと家の要にキッチンがあり、
右手に薪ストーブと床座のリビング。目の前にダイニングセット。
このような形ですと、なるべく部屋を広く感じさせたい、
床に座る人にもなるべく圧迫感の無いようにしたいということで今回のスタイルになっています。


s-teikitchen1.jpg

キッチンよりリビングを見る


②:こだわりがあり、愛着の湧くキッチンにしたい。

天板はステンレス屋さん、箱は大工さん、扉材等は建具屋さんが作るので、
建物と一体感のある一点ものが出来上がります。
愛着を持ってお手入れしていただければ、長く頼れるパートナーでいてくれるはずです。


s-teikitchen2.jpg

ダイニングよりキッチンを見る


ただし、お選び頂く前に知っておいて頂きたいことがあります。
前提として、現在のシステムキッチンは機能的に、驚くほどよく出来ています。
掃除もし易いですし、動きも軽々です。


・システムキッチンに比べて動きが硬いです。

手作りで作りますので、多少材はゴツくなりますし、木は生き物ですので反ったり動いたりもします。
その都度メンテナンスをしていく必要があり、少し手のかかる子です。


・汚れが目立ちます。

水に濡れた手の触れる箇所に木材を使用しますので、どうしても汚れがつきます。
気合を入れてメンテナンスをしても、いつまでも新品のよう、というわけには行きません。
使いこなすためにはそれなりの決意が必要かと思います。
多少汚れてもいいやくらいのおおらかさで見た方がよいかもしれません。
いつでもツルピカ、清潔にしていたいという方にはシステムキッチンの方をおすすめしております。

ただ、②のように愛着を持ってお使いいただければ、ただの道具を超えて、
暮らしをより豊かにするパートナーになってくれるはずです。


使い勝手、趣味趣向、ご予算、プランなどたくさんの要素を考慮して、
造作キッチンにするかシステムキッチンにするかお選びいただければと思います。


s-teimakistaub.jpg

薪ストーブ

高宮

2016年03月11日

2016年03月11日

鵠沼松が岡の住まいの板塀。 村岡東・西鎌倉の現場

鵠沼松が岡の住まい
板塀が出来ました。
材料はバツーです。いつもの仕様です。
大分雰囲気がよくなりました。
1457590053418.jpg


村岡東の現場
外観は落ち着いた色で仕上げました。
窓枠廻りと布団干しをレッドシダーで化粧しています。
よく使っている仕様です。
足場が昨日バレ、これから外構に入ります。
1457656658672.jpg


西鎌倉の現場
道路側が下屋をずらして、下屋の脇からアプローチです。
1階窓周りは木格子を取り付けます。
屋根をかなり低くしています。
DSCN1206trim-.jpg


完成見学会を3/27に、
村岡東・西鎌倉の住まいと合わせて
2棟同時で行う予定です。
どうぞお越しください。
設計 高橋一総

資料請求・お問い合せはこちら