2018年06月29日(金)

「住宅+α」の住まい 住まいの多様化

土地探しのご相談と、検討プラン・スケッチが引き続き続いております。

このところ、「住宅+α」の住まいが多くなっているのかなと感じています。
仕事場、アトリエ、カフェ、集いの場、お店と畑の延長線上のスペース、などご要望は様々です。

オフィス併用住宅、店舗併用住宅等、併用住宅と呼ぶと固いですが、柔らかな印象です。
仕事場と住宅がはっきり分かれた単純なゾーニングではなく、
暮らしと仕事の境界が曖昧になっているイメージです。
仕事の出来る住まい、暮らす住まい、生活と仕事が密接につながる住まいです。
住まいの多様化の形なのかなと思っています。

プログラムにさらに二世帯住宅が組み込まれるケースもあります。
二世帯住宅もプログラムが色々ありますね。
二世帯住宅を検討させて頂く際にも、
プランの際に、全てのパターンを考えながらお打合せさせて頂いております。
着工させて頂いている戸塚のS・M邸。実施設計真最中の秦野のT邸。
を含め、これまでにも多く建てさせて頂いておりますが、

「住宅+α」の住まいは、また違った感覚です。
暮らしと仕事場とが、かなり密接にお互い入り込んでいます。
土間でつながるプラン、玄関を2つに分ける、集いの場では広いスペースが求められます。
どのようなプログラムでも、お打合せさせて頂きながら最適解のプランを組んでいきます。

着色前の計画中の住まいのスケッチです。
スケッチ
これからまたお打合せさせて頂きながら変化していくと思います。楽しみです。
高橋一総

「お知らせ」
明日明後日は大磯で見学会をさせて頂きます。よろしければ是非お越しください!
西小磯S邸完成見学会 
DSCN1277trim2