2009年10月08日(木)

以心伝心と言うことわざ

私が良く人を諭すときに使う言葉である。
口で言わなくてもお互いが相手の気持ちがわかる事。
禅宗のお坊さんが、言葉や文字で表せない仏法を弟子に
心から心へと、じかに伝えることから (以心伝心)と表現。
まさに私の匠の心も親方(恩師で師匠)である大工の棟梁から心技一体、改まった教えを受けたこともなかったが、以心伝心で授かったのだなと最近改めて実感させられたのであった。
残念なことに最近ではメールで伝えないと心は伝わらないのかも知れませんが 愛し合う者、信頼しあう者、尊敬と思いやりで結ばれた師弟関係や上司、家族の中では以心伝心は自然そのものでしょう。
今流のテレパシーとかフイリングが合うとかとは違うもっと崇高な、 間 の中で 心”と心”がふれる。
残念というか当然のことなのか周囲の修行が足りないのか? 周囲では察する者はごくわずかなり。
私の理想とする以心伝心も今の時代を生きる人には心の真空管は既に退化し受信不可なのでしょう
こんな悟り方は情けなく不本意ではあるが世のため、人のため、運命共同体の社員や一族のため!
以心伝心のデジタルチャンネルをアナログに切り替え、口角泡を飛ばし叱咤激励 君子豹変と決めた。
先ずは加賀妻の理念・妥協しない、させない・匠の心の伝授から始めるため再度地に足をつけよう。

2009年10月07日(水)

理念の実践・各々のリーダーシップに期待

今日はやる気満々の社長招集のリーダー会議、積極的な意見交換には大いに期待したい。
加賀妻の理念、自らが妥協をせず、お施主様には妥協を求めず。
この理念の遂行には、全員の総力でお施主様の為に何を成すべきか?
きっと満足のいく答えが見つかり、次は実践あるのみであろう。
加賀妻の理念 
 自らが妥協をせず、お施主様には妥協を求めず、これが加賀妻の守ってきた のれんの中身である。

2009年10月06日(火)

サツマイモが実りました

我らNPOの成果給食の残渣から得た、堆肥の土壌で育てた野菜、今回は落花生とサツマイモを採り入れました。サツマイモには、本来飼料は使わない方が旨い芋に仕上がるらしいのだがNPOの研究として、残渣を使い作物を作っている手前もあり多分な肥料を使ったためか大きな芋に育ったのは良いのだが私の大好きなホクホク感のあるいもには成長しなかった。
しかし味の方は充分に甘いねっとりとした薩摩芋に仕上がっていた。
落花生の方は充分に育ち一粒の苗から100粒ものらっかせいが実っていた。
しかし落花生の勢力よりも更に、紫蘇の実の方が強いのか、同じ畑の中では紫蘇が増え過ぎ、落花生が負け端に追いやられていたのには目を見張った。
化学肥料を一切使わない畑には、モグラやオケラ・ミミズが多く住みついているとの話を農業に携わる人から聞いてはいたが、なるほどこの畑にはオケラが多いなと実感したのである。
オケラだーって、モグラだーって人間だーってみんなみんな生きているんだ友達なーんだ、、、。
%E8%8A%8B%E6%8E%98%E3%82%8A%E7%B8%AE%E5%B0%8F.JPG

2009年10月04日(日)

今日のお勤め

今日は朝から縁起が良いぞ、9月に続いてまたしてもam7時よりの早朝地祭り、不景気だと懸念されながら本日の猿田彦神社神主さんの行動は7時~16時の感に5箇所の地祭りをこなすとのことであった。
そんな事情もあったが一月の間に2度も早朝地祭りを行える(株)加賀妻工務店も大した、優秀なスタッフ集団のいる会社だと感心する。
地祭りを終え12時迄は電話番をしながら耐震診断調査の報告書作りにおわれた、うれしいことにネットで見たと本日の稲村ヶ崎に建つ新築現場見学会に参加したいとの電話を受けた。
午後は、所属しているNPO法人湘南フードリサイクル(学校給食の残渣を加工して植物の飼料にする)の芋掘手伝いに妻と参加、春に植えたピーナッツ、サツマイモ、が元気に豊作であった事にまたも感激一粒のピーナッツから100粒もの新しいピーナッツが誕生したのであった。
又1本のサツマイモの苗(つる)からは5~6本のサツマイモが繋がって収穫され植物の生命力繁殖力に安堵した。
空から見た日本のほぼ中心地帯はみな山であり森林である、芋を弁当に持って行った我ら昭和初期、この精神力があれば不景気なんか気にならない、日本の真ん中を芋畑にすれば世界の食料不足をすくえるなんて馬鹿な事を考えた。
世界を救うにはウコンの力ではなく、薩摩芋やピーナッツの力かも知れないね。

2009年10月03日(土)

2016年夏季オリンピックの開催地に納得

2016年夏季オリンピックの開催地は、ブラジル・リオデジャネイロに決定、結果がでて初めて気がついた、南米で初めてと言うことで納得した。
東京でなかったことは残念、しかしオバマさんの奥方の里よりは勝った得票でまっいいか!かなと!
早速始まった石原さんの責任問題、マスコミさんにはいい加減にして欲しいとおもうね、国民に夢を持たせてくれたのだからむしろ感謝しなければと私は思う、国民は皆そのように思っているはずであるが懲りないマスコミは早速石原さんに矛先を向け当分はネタ探しをいっぷくしたいらしい。
国民全体で宝くじを買って発表日まで金銀財宝取得の夢を見られたのだから夢から覚めて改めて感謝である。
次は弊社スポーツの話題、
今日は恒例となった弊社のフットサル開催日であった、昨日か幹事は天候を気にしながら会場とのやりとりをしていたようだった、雨天の場合のキャンセル代を考慮してのやりとりのようであったが幸い夕刻より雨上がりのコートでゲームが始められたことは喜ばしい事ではあるが、当初と比べ参加人員が半分以下になっていることが情けなく嘆かわしく思える。
サービス残業に目をつぶりむしろ感謝しているオーナーのせめてもの罪滅ぼし、社員や職人さん達が望むのであればこれからも継続していけるように、応援し見守って行きたいと思うのである。