2019年07月14日(日)

里山住宅博 in TSUKUBA2019  

7/12(曇り) 現在つくば市で開催されております「里山住宅博」見学してきました。

地元の工務店(二十数社)が建築したモデルハウスの展示場です。

トップ固定ページ

IMG_2240

里山住宅博inつくば」は、2019年6月から11月まで開催される、期間限定の住宅博覧会です。

展示場ではない、ホンモノの町。

里山住宅博の会場は、総合展示場ではありません。住宅博終了後は、それぞれの建物は、住まい手に引き渡され、住み継がれる町になります。
いわゆる「モデルハウス」は、建物の雰囲気、仕様を確かめることはできますが、たいていは最上級の仕様だったり、とても大きかったりと、実際に「自分が住む」建物とは違う、ということがありえます。
里山住宅博が特徴的なのは、「モデルハウスにそのまま暮らせる」ことです。建物の見学はもちろんのこと、町並み・周辺環境も含めて、じっくり見て、確かめてください。(公式サイトより)

IMG_2237

ルールを持った美しい町

住宅博の舞台となる春風台ヒュッゲガーデンは、良好な景観を守るため景観協定を作成し、つくば市に認可されました。
建物の高さや面積、外部の仕上げや、共有地に面する部分へ制限など、美しい景観を保つために、自らルールを定めました。
ここに建つ家は、その前を通る人の風景でもある、という考えです。
出展各社は、このルールの中で、それぞれの家づくりに取り組んでいます。作り手も住まい手も、協力して美しい町をつくりましょう。(公式サイトより)

IMG_2233

伊礼智先生設計のモデルハウスでは、先生ご本人からのご説明も頂き、当社の高宮からの質問にも

快くお受けいただきました。

本当に勉強になる1日でした。有難うございます。(営業:山田)

 

 

2019年07月04日(木)

令和から2ヵ月

令和に改元されて2ヵ月。

5月1日、伊勢神宮参拝の折に頂戴致しました

「御即位奉祝」記念のお菓子(落雁)です。

IMG_2218

神宮スカウト(神宮司庁が育成母体のボーイスカウト)の子供達が無料配布のお手伝いをしておりました。

4万個用意されたそうですが一人一個、我が家では合計4個頂き、3個は帰宅後ご近所にお配りいたしました。

残った1個ですが、恐れ多くて手が付けられず、いまだに神棚にお供えしたままになっております。

落雁の賞味期限は、どのくらいなんでしょうか?

御朱印帳のブームもありますが、こんなお菓子までネットオークションに登場する時代です。

自分としては、日本人としての気品を失いたくないと感じておりますが、如何でしょうか?

穏やかな気持ちで、住まいづくりのお手伝いをしてゆきたいと思います。(営業:山田)