2009年07月20日(月)

『第24回 OM全国経営者会議』に行ってきました

 7月にOMソーラー株式会社へ社名変更を行い、OM共済会が㈱OM総合保険となり組織強化を行いました。昨年までの東関東ブロックの副会長の職も解けて、とてもリラックスでき有意義な会議でした。
DSC2505.jpg
 OMと三菱重工グループで共同開発を進めて来たエネルギー65%を自給できる太陽光発電と太陽熱回収を複合したハイブリッドシステム『エコスカイルーフ』
エコスカイルーフの特徴
①環境に優しい・・・・・・・・・・シリコン使用量が結晶型の約1/100と少なくともCO2削減効果も大きい
②難関発電量が多い・・・・・・高温時の発電に優れ、特に電力需要が逼迫する夏場に威力を発揮
③安定的な発電が可能・・・・動作電力が高く、直列接続数が少なくできることから影の影響による
                 電力の急速な低下を受けにくい
変換効率=標準状態のおける出力(モジュール表面温度25度)によって薄膜シリコン型は結晶型に
       比べ変更効率は劣るが、高温時の表面温度によるは発電量は優れているため年間を
       通すとシリコン型が有利となります。
 矢崎総業と共同開発したヒートポンプ給湯器に太陽熱集熱ユニットを接続し年間給湯エネルギー消費効率を大幅に向上させた太陽熱利用エコ給湯システムなど、OMの新しい技術の発表が続々ありました。
DSC2600.jpg
OMソーラ㈱+(野池政弘率いる)自立循環型OMチームを組んでいます。OMの技術と自立チームの研究はとても勉強になっています。
今回の会議は(お)もしろかった!
参加しなかった工務店はo(も)ったいない!

2009年07月13日(月)

思い

国で決めた設計図書の仕様書さえクリア-すれば長期優良住宅として認定すると言うことに違和感を感じている。それを大々的に宣伝広告するのも嫌な気持ちでいる。家づくりとその後の家守りの原点は家を作る事が大好きな人達が集まってこそ良い家づくりのスタ-トが切れると思っている。当たり前に長期優良住宅を造ってきている。住宅の設計が大好きで時間無制限でパソコンの前から離れない設計者。大工仕事が大好きで手間を惜しまない自信とプライドの高い大工職人。収まりや仕様をしっかり理解し全職方に指示を出す面倒見の良い監督達。細かなちょっとした事はその場で修理を得意とするメンテナンス係、あちこちに顔を出し良く勉強する社長さん達。工務店にはそんな人間が集まって来る。
国が定めた長期優良住宅、机上の仕様書だけでは満足出来ない。そう思っている志の高い工務店は全国に沢山存在する。
業界は依然厳しい、だからと言って工務店は大手メ-カ-の下請けや不動産の建て売りに手を出してはいけないと思う。元請けに徹しお客様の笑顔を喜びに正々堂々と工務店道を歩み続けよう。

2009年06月29日(月)

勉強会

家づくりセミナ-を加賀妻工務店は始めます。
基本的な性能を満たす設計力・安心して施工を任せられる技術力。それを手抜きやミス無く施工できる施工力。末永いおつき合いが出来る経営力をテ-マに考えております。少しレベルの高い勉強会として行う予定です。不安や疑問を解消し安心して任せられ楽しんで家づくりが出来る事と信じております。値段だけで勝負するのではない住宅を、それを望む人のためにつくり続けたい。若手が頑張る姿を多くの人に見て頂きたい。私達と一緒に学んで行きませんか。
茅ヶ崎商工会議場にて、毎月第二土曜日PM1.30からPM4.30以下セミナ-を
テ-マごとにお話します。お気軽に参加下さい。
08月08日 土曜日
長期優良住宅の作り方。            講師(株)加賀妻工務店営業部 山田幸生
子供・孫の代まで長く住める家のつくりとは、世間で騒がれる「長期優良住宅」について
100年住宅を提案する。朝日住まいづくり研究グル-プ匠の会会員社加賀妻工務店では、自社独自の標準仕様を定め、住む人に地球環境に優しい住まい作りを推進してきております。無垢国産材の採用、天然の素材を使用した断熱性能の向上、大工の育成継承、メンテナンス。国もそろそろ本腰を入れて良質住宅を推奨し始めました。
耐久性の高い強い国産材          講師(株)山長商店 真鍋淳弘
木を植え育て、高樹齢の優良材を産出、私たち山長の森では、植林から育成そして伐採を繰り返すことににより山を育み環境保全に取り組んでいます。二酸化炭素を吸収し酸素を放出するその木の生長と合わせて伐採し、新たな若木を育てていく、このサイクルが自然環境づくりに役立っているのです。永年にわたる実績から本物の樹の見分け方、育林継承400年のブランド、本物の樹の見分け方をお話します。
              
09月12日 土曜日 
薬剤処理に頼らない白蟻対策         講師(株)加賀妻工務店工事部 吉村政弘
シロアリ対策は白蟻の種類と性質また(1)予防と(2)被害拡大防止のための早期発見が重要です。薬に頼るのではなく、シロアリが入りにくい建築的バリアを作り、蟻害を受けにくい材料を使い木材を常に乾燥させ、点検が出来るようにすることがポイントになります。薬剤に頼る前に建築の工夫があります。
ドイツのエコテスト社が推奨する。セルロ-スファイバ-講師(株)マツナガ 代表松永
セルロースファイバー断熱材使用の建物は、グラスウール断熱材使用の建物に比べ、暖房のためのエネルギー消費が26.4%少なくてすみます。セルロ-スファイバー断熱材は、グラスウール断熱材より、性能が約4割優れています。唯一の自然素材断熱材です。
セルロ-スファイバーは、様々な太さのセルロースファイバーが絡み合う事で、無数の空気層を作り出します。また、繊維1本1本の中にも空気層があります。この二重構造の空気層が、高い断熱性能を引き出します。さらに、この二重構造が、高い吸音性能にもつながるのです。
10月10日 土曜日 
温熱を理解し結露から家そして健康を守る      講師(株)加賀妻工務店 設計部 高橋一聡
結露の原理と対策・外壁~屋根への通気の作り方・高断熱化するときの注意点
夏場のオ-バ-ヒ-ト
→開口部の日射遮蔽をしっかりおこなうことが極めて重要
(高断熱化している為、夏場の日中に日射を沢山取り入れてしまえば、夜外気温が下がっても室内の熱は建物が高断熱されている為に屋外には逃げず室内にとどまり、室温は下がらない、庇を延ばしたり内障子や簾を有効利用したい)
・内部結露のリスクが高まる
本物の自然素材            講師(アトピッコハウス株 代表 後藤坂
なぜ、建築のプロは自宅に「本物素材」を使うのに、お客様には、偽物素材をすすめるのか?建築業者の反発を覚悟で私が本当の事を話します。本物にこだわって13年、いつも一生懸命、本物を選べないのは、本物を知らないからで、本物を知れば本物を選ぶはずです。
11月14日
設計の考え方 間取りと耐震     講師加賀妻工務店設計部 板垣雅彦
住まいに一番求められる事は、外敵から身を守るシェルタ-としての機能、その基礎となるのが構造(耐震、耐風等)です。最も身近な木造在来工法をもとに住まい造りにおける
間取りと構造との関係をお話したいと思います、吹抜が構造的にどう影響するのか、建物の形と耐震はどう考えるか?等々毎日の設計の中で大切にしている事を聞いて下さい。
土地発掘、良い土地とは       講師クレアホ-ム 篠原丈人
家づくりをする方が嫌な思いをせずに気持ち良く家を造っていただきたい、失敗をしないで家を建てたい、間違いのない土地を探したい、不動産屋ってちょっと不安だと考えていると思います。「土地探し」は「人探し」良い営業マンを見つけてこそ、良い情報が得られます。土地を選ぶときのポイントはもちろん、不動産業界の裏側から営業マンとのつき合い方まで、良い土地にめぐり合うまでの近道をお話します。
12月12日
資金計画              講師OMソ-ラ-(株)代表 飯田祥久
現OMソ-ラ-代表、私がOMの家を建てるのに「元銀行マンの私が借りた住宅ロ-ン」を」どう選んで借りたか!また、その後のOMの住まい手として話します。
OMソ-ラ-            講師OMソ-ラ- 藪下靖弘
太陽熱を利用するパッシブソ-ラ-NO1「OMのすすめ」エネルギ-効率の観点から
知らないと「もったいない」というエコライフの秘密、いろいろなエコシステムが出ているなか、機器だけに頼るのではなく、暮らし方からエコライフを考える。おもしろいもったいないOMの魅力をお話します。私もOMの住まい手です。

2009年05月29日(金)

私の日々

匠の会29期総会In伊香保温泉
image00071.jpg
朝日新聞社様をお迎えし匠の会29期の総会が行われました。当社も入会して18年経過しました。当時会長から、昔から憧れを持っていた工務店の会で入会するのにとても苦労したと聞かされました。歴史有る団体です。匠の会は創立当時から完成保証制度を持っております。
『匠の会五訓』
一・事業に情熱をかける、経営者の集団たれ
二・異なる考えにも、開かれた感受性をもつ集団たれ
三・意志疎通手段の熟達に努める集団たれ
四・伝授的技術に固執せず、幅広い技術を身につける集団たれ
五・住まいづくりを通じて、社会に貢献する集団たれ、
毎月の定例会で全会員社で合唱しています。
上棟メンバ-平均年齢27歳In茅ヶ崎高田
image00051.jpg
上棟当日です。まだ午前10.00時の一服前です。二階の桁廻りはすでに終わっております。親方は岡野君です。昼前には屋根まで終わってしまいそうな勢いです。メンバ-8人の平均年齢27歳です。若いってほんと素晴らしい!みんな仲良くいつもながら良い子達が集まったな~と思います。私の営業パワ-の源なんです。
長期優良住宅講習会In匠の会事務局
image0006222.jpg
国土交通省 住宅局住宅生産課の方に来局頂き長期優良住宅の講習会を開きました。
当社の設計チ-ム3名も参加です。国土交通省の方からは、地域の優良工務店の集まりとして業界のチ-ムリ-ダ-を期待していますと暖かいお褒め言葉を頂きました。
・・・帰りに社員と新橋で一杯やって帰りました。翌日は、社員も私も飲み過ぎたようで、住宅論議はついつい深酒になってしまいます。
・・・長期優良住宅を作るために国から100万円の補助金が頂けます。しかし現在の、加賀妻の建物では補助金を頂かなくてもその仕様とほとんど変わりません。頂ける物は頂きます。・・・お客様へですが。

2009年05月17日(日)

継続挑戦

今月は決算月です、来月38期を迎えます。黒字経営です。来期も6億円の受注残を持ってのスタ-トとなります。無借金経営を続けております。3名の家づくり大好き人も加わりました。
38期の経営方針 
社員の皆様と共に夢とロマン追い続け、湘南の一番店を目指す!
『考え実行すべき時が来た!』
地域密着+人密着が企業に問われています。企業の大小は問われない時代に来た。
企業の格差が大きくなっている。順調な企業もある反面苦境に陥っている企業がある。
この違いは経営力の差である。企業は社長とマネ-ジァ-の差で決まる。良い企業は社長が優れている。正しい戦略と徹底した行動が成功を導く、元気な企業は徹底して差別化に挑戦し確実に前進している。最強の経営体質の構築を目指してCS実現と好業績を上げる経営体質への革新をさらに図る必要がある。
◎「商品×ビジネス×実践」の革新
◎「組織と社員と職人」の企業体質の革新。
またチ-ムリ-ダ-によって良くも悪くもなる。行動させるマネ-ジャ-、問題解決を図るマネ-ジャ-、優秀な社員を育てるマネ-ジャ-がいる企業が強い、賢いマネ-ジャ-が強いチ-ムを作る。
経営者は戦略を考え、社員が共感を得て理解し共に実践して行く事だと考える。やる人とやらない人があってはならない!
戦略が無くては戦術はあり得ない。戦略を誤れば戦術ではカバ-出来ない。
部門別組織としての機能を発揮させられる人員は確保出来たはず。
スキルの高い人間は、絶えずこれで良いのか?!このままで良いのか?!何か次に出来る事は無いのか?自問自答しているはずだ!スキルUPを真剣に考えていれば、おのずと行動し知識や技術は高まって当然だと考える。
・・・
我が家の長男中学3年生が神奈川県中学生テニス選手権で優勝出来ました。感動した!!!嬉しかった。お祝いに回転寿司を家族で食べに行きました。子供は3人いるのでなんと家族で65皿!長女はバスケットで次男は野球をやっております。妻もテニスをやっております。・・・・私はたまにお魚を釣りに行くくらいです。

2009年04月06日(月)

私は以前から『高断熱

私は以前から『高断熱の家』と『省エネルギ-の家』は別の話と思えている。家とは、
五感で感じる快適性能が一番大切で最初に来る物だと信じている。それには建築や設計の中で解決を目指して行く事もとても大切だと思う。安易に数値だけを追いかけ設備機器や断熱性能や気密性能ばかり追いかけても面白く無いし、誰でも作れてしまう。
次世代省エネ基準の家だって暖房しないと平気で冬場は10度を下回るし。夏場は30度を上回る。エアコンや暖房器具は絶対に必要だし。どうもピンとこない。
自立循環型住宅研究会に入り『温熱環境を解く』と言うテ-マで先日も名古屋で第5回目のホ-ラムに参加してきた。%E3%81%8A.jpg
全国から工務店や設計事務社が集まり、自分達で設計し建築した建物の夏場と冬場の温熱デ-タ-を実測して研究発表を繰り返しています。私にはとても面白い勉強の場所です。
私が憧れるエコワ-クスの社長様より2月7日に基礎断熱の家と床下断熱の家の床下に潜り基礎の表面温度、床板表面温度、床下の温度など実測され発表が有りました。行列が出来る工務店の底力を教えて頂きました。研究勉強熱心な仲間の集まりです。
・・・次世代省エネは当然なのだが、まずは設計をより磨いて、建物本体でどの位まで省エネルギ-を達成出来るか取り組み判断基準を自社で早く確立したいと思っている。
h.jpg
週末に見学会を開催させて頂くOMソ-ラ-のお家の社内検査後の集合写真です。スキップフロア
ハ-フユニットの板貼りのお風呂、とっても素敵に出来上がっております。多くのお客様に見学していただきたいです。    

2009年03月22日(日)

見学会

見学会そして大工のリレ-
3月28日と3月29日で藤沢市辻堂と藤沢市羽鳥で3件の見学会を行います。
藤沢市辻堂の現場は同じ敷地に2棟(親世帯と子世帯)建築させて頂きました。
子世帯は近藤棟梁、親世帯は近藤棟梁に弟子入りし8年の修行を経て親方となった
有川大工初めての現場です。また、羽鳥の現場は当社で30年の沓沢棟梁が最後となる新築現場です。%E3%81%A0%E3%81%84%E3%81%8F.jpg
沓沢棟梁は今後は加賀妻のリフ-ムを担当します。
・・・有川良く辛抱したな!近藤さんありがとう、沓沢さんこれからもよろしく・・・

2009年03月01日(日)

見学会・ありがとうございました。

先週と今週 2週にわたり鎌倉、完成現場見学会と茅ヶ崎、完成現場見学会を行う事が出来ました。
どちらも14日以内にはお引っ越しを迎えます。御施主様は、床や壁を汚されないか?傷を付けられないか?べたべたさわられないか?近所迷惑にならないか?とってもご心配だと思います。
それでも工務店の為に気持ち良く見学会を了解して頂き。いつも
本当にありがたく、感謝しております。
駐車場の問題もあり、すべての現場で開催出来ない事が残念です。
お客様のなかには私からお願いする前に妹尾さん「うちもやるんでしょ」なんて言われる事もしばしばあります。
私からは「はい!そうです。」と笑顔でお答えさせて頂いております。感謝・感謝です。 
N様 H様 ありがとうございました。
末永く健康で家族仲良く幸せに、そしてこれからも加賀妻工務店をよろしくお願いいたします。

2009年02月25日(水)

工務店の出来ること

アフタ-メンテナンス
お引き渡し後、半年・1年.2年が担当監督 3年・5年.10年がアフタ-担当横内が受け持っております。お引き渡し年月日別に管理しております。期日の7日前に往復ハガキを出し、第一第二第三希望日を記入頂き私、妹尾宛に返信していただいております。
%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%86.jpg
後日担当からお客様へお電話を入れ日時をお約束し訪問しております。当日メンテナンス書類にお客様のサイン頂き私、妹尾が最後に目を通しております。
%E3%81%AF%E3%81%8C%E3%81%8D.jpg
自然素材でつくる樹の家のメンテナンスの積み重ねは工事担当や設計担当に確実に反映されています。加賀妻の家づくりには欠かせない要素です
自立循環型住宅設計 CASBEE戸建
目に見えない物を確実に設計する。
空気環境(本当にホルムアルデヒドは出ていないか?)
温熱環境(冬に内外温度差が13度以上あるか?寒すぎないか!
     夏に室内温度が外気温度より高くないか?暑すぎないか!)
%E3%81%BB%E3%82%8A%E3%81%BF.jpg
%E6%B8%A9%E5%BA%A6.jpg
温室時計とホルム測定器を買い込み、実測を繰り返しています。特に温熱環境は設計担当にゆだねられる為に実測は欠かせません。時には気密測定も行っております。
自立循環型住宅の設計を取り入れた設計では温度が読めます。
・・・実は私の家は11年前にOMソ-ラ-+太陽光発電2.64kwを乗せて建てました。当時エネルギ-自給住宅なんて呼んでいました。早かったでしょ!
1kwあたり50万円の補助金も頂きました。失敗は当時は設計において完璧なシュミレ-ションが出来なかった事です。今後は自立循環型設計手法(居住時のエネルギー消費量(CO2排出量)を2000年頃の標準的な住宅と比較して50%にまで削減可能で2010年までに十分実用化できる住宅 をいいます。) +OMソ-ラ-の温熱給湯シュミレ-ションを使い+太陽光発電でエネルギ-ゼロ住宅さらにはエネルギ-自給住宅を目指します。
自然素材の樹の家+エネルギ-自給住宅=地球環境に良い家 住まい手にとって良い家
この住宅に関してはOM自立循環型住宅研究会で各社の実測デ-タ-を持ち寄り、年2回の発表会を開いております。担当は板垣 高橋 妹尾で取り組んでいます。
       

2009年02月10日(火)

大手の倒産に波紋が・・・・

先般、当社ブログにも記載した通り、静岡大手の「富士ハウス」が先ごろ倒産しました。
YAHOO等の検索から、甚大な被害の内容がネットワーク上に展開されてはいますが、正直当事者と
して関わっているお客様が大変な思いをされていると思います。
タイミングにもよりますが、
①契約後に倒産して今後どうするかを考えている方
②契約後、既存宅を解体していざ新築をする際に倒産してしまった方
③上棟して、骨組みの状態で工事がストップしてる方
④完成間際で工事が保留になっている方
⑤建物が完成後に、今後の保証を心配されている方 等など
ネットワーク上では、「被害者の会」の発足が文言として書かれており、今後も様々な形で波紋を広げると考えられます。しかし、ここまでなる前に何とかならなかったのでしょうか?
何にしても、関わったお客様が気の毒でしょうがありません。
私は、営業の仕事をしており、やはり中には、大手さんが安心で、工務店にはちょっとと言う事で
何人かの方には、ご縁がなく断られた経緯があります。
その中で、5年前に、ご縁がなく取引が出来なかったお客様がいらっしゃって、その方からは、
大手の安心感や金額面でのサービスにより断られた事がありました。
所が、その方の建てたメーカーが引き渡し2年後に倒産し、去年の年末に近くで資料請求があった時に
家の近くを通った時に、何と表札の名前が違う人になっておりました。びっくりしました
最近は、やはりお客様の中では、建築業界全てが危ないとの認識が強く、今回の大手倒産に伴い、
更に不安感を募らせたに違いないと思います。
ただ、幸い私のお客様の中には、当社の様な古くからの大工の技術を生かし、材料を吟味し、拘りの
ある家造りを後世に残していって欲しいので、今後も頑張る様にお客様からゲキを飛ばして貰いました。
我々、工務店は建物を作って終わりと言う訳にはいきません。引き渡し後から長いお付き合いが始まります。
当社を選んで戴いたお客様や施工途中のお客様、引き渡したOBになるお客様に感謝をして、且つ責任を感じて今後も頑張って行こうと思いました。