2021年04月28日(水)

ウッドショック・見学会・NAYA設計室

ウッドショック・見学会のお知らせ・NAYA設計室について、

ウッドショックについて、
日経新聞や朝日新聞にも記事が掲載されていましたので、
ご存じの方も多いと思います。
アメリカ・中国の景気急回復で郊外の住宅着工数が拡大、供給が追い付いておらず、
また、世界的なコンテナ不足(先日のスエズ運河のタンカ座礁の影響もあるそうです)で、
日本に木材の輸入材が不足しています。

ツーバイ材や、米松、集成材等、木材が構造材も含めて足りず、
その影響で国産材の買い占め、、等により、
国産材も供給不足、価格が上がってきています。

上棟の予定が立たない会社もあり、
この状態は、しばらく続くと思います。

加賀妻工務店は、
構造材は全棟「山長商店」。

このニュースを聞いた後、状況をヒアリングしたのですが、
「山長商店」は、山を持ち、山林経営から伐採・製材・乾燥・プレカット加工までを自社で手掛ける一貫事業体制なので、ウッドショックの影響をほぼ受けていないそうで、安心しました。
ただ、山長商店さんにも問い合わせが、ものすごく増えているそうです。

下地材、家具の側板などの材料は影響を受けそうです。
ある程度、これは仕方ないと思っています。

他、
西川材の「サカモト」さんの杉の建具、
断熱材の「マツナガ」さんのセルローズも影響受けてないとのこと。

以下の記事が概要分かりやすいです。
https://htonline.sohjusha.co.jp/20210423-1/
https://htonline.sohjusha.co.jp/20210408-1/

話は変わり、久々の見学会のお知らせです!
5/23日曜:大磯I邸
6/20日曜:小田原板橋のK邸
予定ですので、またホームページご確認ください。

写真、大磯のI邸を載せます。

写真の方向に景色があります。
階段室の書斎コーナーです。
久しぶりに一部ロフトがあります。
片流れのシンプルな屋根、窓を絞った外観を見て頂けます。
この窓は10個あります。内開閉できる窓は4か所です。
窓を枠で囲い、板を張って一体化するように見せています。
大工さん、この枠の納まりが大変とのこと、、とても綺麗に仕上がっています。
ありがとうございます!
IMG00041_HDR

最後に、
造園設計・デザインをお願いしている、
NAYA設計室」さんとの協働で、
昨年お引き渡しさせて頂いた、二宮のK邸の造園が完成しました!

高台にあり、
「斜面をスロープで上がりたい!」とのご要望で、
建物施工中は、外構屋さんに木杭と土留め板で施工してもらい、
造園は春に予定していました。
完成しましたので、写真をUPします。
(アクセスする既存の階段もあります)

造園のご相談は、設計段階、工事の最終段階、住まわれてからと、
様々なタイミングでご相談があります。
「住まい」から「造園」まで一貫して設計していきたいと考えています。

建物外観。
南側の庭も既存の紅葉・梅等を出来るだけ残しました。
1619423322505

檜土留めと植栽、既存の松(大分枝を払いました)
1619423326472

隣に公園があります。階段でも上がれます。
1619423331312-

全体。RCのビルトイン車庫の上からスロープにアクセス。
1619423318657

是非、大磯・小田原の見学会にお越しください。
高橋一総