2022年06月30日(木)

新人研修②

こんにちは

今週は梅雨も明けて、毎日暑くて暑くて汗が止まりません。

現場では、週明けから床材が搬入され、床板を貼り始めています。

投稿用4

床板を貼る前に先週、業者さんに断熱材を入れてもらいました。

断熱材を入れた後でも、根太の上を歩かないとシートが破け穴が開いてしまいます。そのため、作業中も結構ヒヤヒヤしました。

投稿用6

そして、お風呂にも断熱材を張りました。

今回床板を貼る前の家を始めてみましたが、断熱材の種類や入れ方など、場所によって違っていたり、断熱材を入れるにも段階が多く、色々学ぶことができました。

 

床板を貼る作業を見るのも今回が初めてです。

床板を貼る際に、表面にビスが見えないのにどのように貼っているんだろうという疑問が解決しました。

床材には、側面に隣の材とかみ合うような加工がされており、そこにビスを打つことによって貼られていきます。

このように、現場でなくてはわからないことや、床や床下だけでも様々な段階があることが学べました。

松江

2022年06月17日(金)

新人研修①

 

入社してから、2ヵ月半が経ちました。

この2ヵ月半、1棟の新築が完成するまでの流れを学ぶために、基礎屋さん、水道屋さんにお世話になりました。

他の現場では、左官屋さんのところへ研修に行かせていただき、現在は、大工さんにお世話になっています。

大工さんにつくために現場に行くと、色々な業者さんと会います。

投稿用

電気屋さんは、配線の位置を監督さんや大工さんと相談を重ねて配線を行っており、床下の配線がすべて終わると、

投稿用2

大工さんは、床下に断熱材の下地を張ることができます。

現場にいることによって、こういった様々な業者さんとの兼ね合いがあり、段取りを行って作業が進んでいくことを、肌で感じています。

投稿用3

他にも、上記の写真の部屋の天井の高さが高くなるといった変更がありました。

施工中でも変更があり、どんどん良い家になっていいくと感じます。

来週は、2階の床が出来上がり始めるなど、完成が楽しみです!

 

松江

2022年06月11日(土)

外構大工工事2

先週に続き外構のフェンス工事の様子です

DSCN6989 DSCN6990 DSCN6991

バツー材を使用して、大工さん一人で施工してもらいました…今回は塗装も大工さん

2か所の控壁を設置したため、振れに対しても強くなっているのと、外流しが表から見会えないなどよいアクセントのアプローチになりました

(YOSHI)

 

2022年06月04日(土)

外構大工工事

もうすぐ梅雨ですね・・・現場にとって憂鬱な時期になります

最近引き渡したお宅の木フェンス・物置小屋を大工工事行いました

DSCN6770

現場の方で植栽外構が先行で行われたので、会社で大量のバツ材を3日間かけて塗装して

大型トラックで搬送

DSCN6794 DSCN6795

きれいな木塀が出来ました!

その後は物置作り

DSCN6796

右端のコンクリートが見ているところに物置を作ります

DSCN6887DSCN6944

建て方から板張りまで4日、塗装して完成です

お庭の植栽にマッチした物置・塀が出来ました

(YOSHI)