勇気がいる判断・・・

今週鎌倉のN邸上棟でした!

当初は月曜日の予定でしたが、火曜日に変更・・・

気象庁、日本気象協会、ウェザーニュースなどのピンポイント天気予報を見比べて前週土曜日の天気予報では、

晴れ曇りの予報だったので安心していていると、日曜日になるとなんと、午前中雨予報に!!

それでも、1ミリ以下で通り雨の予報、施主様に連絡、大工さん、足場屋さんに連絡して

「明日の朝6時に判断します」と連絡。

次の日朝5時外見ると雨がちらほら・・・いろんな天気予報見ると、1ミリ以下の所もあれば、2,3ミリ降る予報のところも!! 6時の更新まで待とう・・・

雨雲の動きを見るとある天気予報は2,3ミ降る、NHKのテレビを見ると、「沿岸部は雷雨の恐れ、大きい傘で通勤ください」と予報氏が伝えていたので、さすがに雷雨はと思い中止の判断しました!!

そのそばからザーと降ってきたので、「中止にして良かった」と思っていましたが、少しすると霧雨に・・・

会社に来る頃には雨も止んで、なんと雲の切れ間から太陽も少し見えて・・・

上棟を延期すると、皆さん次の日というわけには行かず、(他の現場の予定が詰まっているので)

施主様の予定、大工さん予定、足場屋さんの予定、重機の予定、また六曜など日がよい日など

色々な事を調整して、段取りしなくてはいけません・・・

今回は重機は使わない予定で、手起しで出来る予定で段取りしていたので、人数を減らして次の日無事できました

これだけ進歩しても予報が外れる事がまだまだ多いです。毎回あいまいな天気の場合胃が痛くなります・・・

誰か替わって~~

DSCN8475

せめて天気がよい日の逗子海岸の写真載せます(w)

(YOSHI)